(2-3) ApacheとMySQLの起動方法とWindowsサービスへの登録〈XMAPP〉

(2-3) ApacheとMySQLの起動方法とWindowsサービスへの登録〈XMAPP〉

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分18秒です。

0013

XAMPPを使ったローカル環境構築。3回目の今回はXMAPPでインストールしたApacheとMySQLの起動方法とWindowsサービスへの登録についてご紹介します。

スポンサーリンク

1.Apache・MySQLの起動方法

XAMPPでインストールしたソフトウェアの起動はXAMPPコントロールパネルから行います。

(1)XMAPPコントロールパネルのApache・MySQLの「Start」をクリックします。

(2)初回起動時は「Window セキュリティの重要な警告」画面が表示されるので、「プライベートネットワーク」にチェックを入れ「アクセスを許可する」をクリックします。

(3)起動したソフトの項目が緑色に変わりPIDやポート番号が表示されれば起動成功です。

(4)停止する場合は「Stop」をクリックします。

2.Apache・MySQLをWindowsサービスへ登録

(1)XAMPPでインストールしたソフトをWindowsサービスへ登録に登録するためにはXMAPPコントロールパネルを「管理者として実行」する必要があります。管理者として実行するには「XAMPP Control Panel」を右クリックして「その他」>「管理者として実行」をクリックします。

(2)XMAPPコントロールパネルを管理者として実行すると画面の「Service」の欄に「×」が表示されます。「×」をクリックすると「Click Yes to install ~」と表示されるので「Yes」をクリックすればサービスに登録されます。

3.Apache・MySQLをサービスとして自動起動するように設定

XAMPPによってインストールされたApache・MySQLはデフォルトでは起動していません。そこでサービスからPC起動時に自動起動するように設定します。

(1)XMAPPコントロールパネルの「Services」をクリックしサービスを起動します。

(2)サービスの中から「Apache2.4」「mysql」を探しクリック。設定画面で

スタートアップの種類(E): 自動

に設定します。これでPC起動時にApache・MySQLが自動起動するようになります。


ApacheとMySQLの起動方法とWindowsサービスへの登録については以上です。次回はMySQLデータベースの作成方法についてご紹介します。

一覧へ戻る)(2へ戻る)(4へ進む

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする

関連記事