(1-2) アクセス許可で禁じられた・・・Apacheが起動しない!?

(1-2) アクセス許可で禁じられた・・・Apacheが起動しない!?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分19秒です。

0002

前回、特につまずくことなく順調にApacheをインストールすることができた管理人。

「この調子なら楽勝!」

と思った矢先、早速、Apacheの起動でつまずいてしまいました。

スポンサーリンク

1.Apache HTTPD Serverが起動しない!?

Apacheを起動するためには、c:¥Apache24¥binフォルダの中にあるhttpd.exeをダブルクリックします。そうすれば画面にコマンドプロンプトが自動で表示され、Apacheが起動・・・

起動しない(´・ω・`)

何度やってもコマンドプロンプトが落ちてしまいApacheが起動しません。

さて、困りました。

2.コマンドプロンプト起動でエラーを確認!

httpd.exeを何度起動してもコマンドプロンプトが一瞬で落ちてしまう。

この状況を打破するためいろいろ調べてみると、Apacheの起動はコマンドプロンプトからもできるとのことなので、早速、試してみることにしました。

「Windowsシステムツール」 > 「コマンドプロンプト」を起動。

まず、以下のコマンドを入力して「Enter」キーを押し、httpd.exeファイルがあるディレクトリに移動します。

〈ディレクトリを移動〉

cd C:\Apache24\bin

そして、以下のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。

〈Apacheを起動〉

httpd

すると、httpd.exeが実行されApacheが起動するはずなのですが

「アクセス許可で禁じられた方法でソケットにアクセスしようとしました」

というエラーが出て起動できていないことが判明。

このエラー名をキーワードにGoogle先生で調べてみると、どうやら「World Wide Web 発行サービス(W3SVC)」がポート80を使っているのが原因のようです。とりあえずこのサービスの状況を確認してみます。

3.「World Wide Web 発行サービス」を停止

ポート80を占拠している「World Wide Web 発行サービス」の状況を確認するには

「コントロールパネル」 > 「管理ツール」 > 「サービス」を起動。

サービスの中から「World Wide Web 発行サービス」を探しクリックします。開いた設定画面を見ると

サービスの状態: 実行中

だったため「停止(T)」します。そして

スタートアップの種類(E): 自動

の設定を「手動」に変更。

これで準備は完了。もう一度Apacheを起動してみます。

4.Apache起動!

改めてhttpd.exeをダブルクリックしApacheを起動してみます。すると画面に「Windowsセキュリティの重要な警告」ダイアログが表示されました。(どうやらApache初回起動時に表示されるようです。)

「Apache HTTPD Serverにこれらのネットワーク上での通信を許可する」の「プライベートネットワーク」にチェックをつけ、「アクセスを許可する」ボタンをクリックします。

5.Apacheの起動を確認する

Apacheが起動しているかを確認するために、ブラウザを立ち上げ「http://localhost/」へアクセス。すると「Apache Haus」の画面に「IT WORKS」と表示されました。

どうやら無事Apacheは起動の起動に成功したようです。

一覧へ戻る)(1-1へ戻る)(1-3へ進む

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする

関連記事