(1-1) Windows10にApacheをインストールしてみよう!

0001

ローカル環境構築の手始めに「Apache」のインストールを行います。

「Apache」とは、世界中のWebサーバで利用されているソフトのことで、 「Webサーバと言えばApache」といわれるほど広く普及しています。このソフトをインストールすることで、コンピュータをWebサーバとして動くようにするのはローカル環境構築の第一歩です。

今回は、Apacheをインストールする手順についてまとめます。

インストール環境

OS Windows10 Pro 64bit版
Apache Apache 2.4.29 Win64

 

1.Apacheのダウンロード

まずApache LoungeからApacheの最新バージョンをダウンロードします。

http://www.apachelounge.com/download/

64bit環境なので

Apache 2.4.29 Win64

[Apache VC14 Binary] httpd-2.4.29-win64-VC15.zip  

をクリックします。

 

2.Apacheフォルダの設置

先程ダウンロードしたZIPファイルを解凍するとApache24という名前のフォルダが入っています。このフォルダを作業がしやすい任意の場所に配置します。

今回は、以下のようにCドライブ直下に配置してみました。

c:¥Apache24

 

3.設定ファイルを修正する

Apache24フォルダを設置したディレクトリに合わせて設定ファイル「httpd.conf」を修正する必要があります。

今回の場合「httpd.conf」は以下に入っています。

c:¥Apache24¥conf¥httpd.conf

httpd.confファイルはテキストファイルであるため、任意にテキストエディタ(メモ帳など)で編集することができます。次の(A)(B)2か所を必要に応じて修正します。

(A)Define SRVROOT(デファインルート)

変更するのはhttpd.confの38行目

Define SRVROOT "/Apache24"

/Apache24」の部分をApache24フォルダを設置したディレクトリに合わせて変更します。今回の手順通りCドライブ直下に配置した場合には変更の必要はありません。この部分の変更に合わせて以下(a)~(c)を修正します。

(a)ServerRoot(サーバルート)

httpd.confの37行目

ServerRoot "c:/Apache24"

(b)DocumentRoot(ドキュメントルート)

httpd.confの246・247行目

DocumentRoot "c:/Apache24/htdocs"
<Directory "c:/Apache24/htdocs">

 

(c)ScriptAlias(スクリプトフォルダ)

httpd.confの363行目

ScriptAlias /cgi-bin/ "c:/Apache24/cgi-bin/"

httpd.confの379行目付近の

<Directory "c:/Apache24/cgi-bin">
(B)ServerName(サーバ名)

サーバを公開した時のホスト名とポート番号の設定です。今回はローカル環境構築のため以下のようにしています。

httpd.confの222行目

ServerName localhost:80

 

4.Visual C++ 再頒布可能パッケージのインストール

Microsoftのダウンロードセンターで「Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージ」をダウンロードします。

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=52685

64bit環境なので

vc_redist.x64.exe

にチェックを入れ「次へ」ボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

ダウンロードした「vc_redist.x64.exe」をクリックするとインストーラーが起動します。画面に表示されるライセン条項の内容を確認した上で「ライセンス条項および使用条件に同意する」にチェックをつけ、「インストール」ボタンをクリックします。

「セットアップ完了」の表示がでればインストール完了です。「閉じる」ボタンをクリックし、インストーラーを終了しましょう。

 


Apacheのインストールは以上です。

次はいよいよApacheの起動ですが、ここでトラブルが発生してしまいました。

一覧へ戻る)(1-2へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました