WordPress サイトのコピーや引っ越しが簡単にできるプラグイン「Duplicator」

WordPress サイトのコピーや引っ越しが簡単にできるプラグイン「Duplicator」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分12秒です。

w005

今回はローカル環境で作成したWordPressサイトのサーバへコピーや、別のサーバへの引っ越しなどを簡単に行うことができるプラグイン「Duplicator」をご紹介します。このプラグインを使えば、WordPressサイトの記事や画像だけでなく、テーマやプラグインの設定まで全てまとめて他の環境にコピーすることができます。

スポンサーリンク

1.まずはプラグインをインストール・有効化しましょう

はじめにコピー元のWordPressサイトに「Duplicator」をインストールします

「ダッシュボード」>「プラグイン」>「新規追加」をクリック。検索窓に「Duplicator」と入力してプラグインを検索しましょう。「Duplicator」が見つかったら「今すぐインストール」をクリック。インストールが終わったら「Duplicator」を有効化しましょう。

2.「Duplicator」でサイトデータをパッケージ化

インストールが終わるとダッシュボードに「Duplicator」というメニューが追加されます。

(1)「Duplicator」>「Package」をクリックして画面を表示し、右上の「Create New」をクリックします。

(2)パッケージの「Name」(名前)と「Notes」(説明)を入力する画面が表示されます。必要であれば自分がわかりやすい名前などを入力します。(特に変更しなくてもOK)

(3)「Next」ボタンをクリックすると、パッケージできるかどうかのスキャンが行われます。

(4)「Scan Complete」と表示されればスキャン完了!問題がなければ「Good」と表示、エラーがあると「Warn」と警告が表示されます。問題なければ「Built」ボタンをクリックします。

(5)「Package Complete」と表示されればパッケージ作成完了です。「Installer」「Archive」のボタンをクリックしてそれぞれダウンロードします。(インストーラー「installer.php」とパッケージのZIPアーカイブがダウンロードされます)

3.ダウンロードデータをコピー先のWordPressへアップロード

先程ダウンロードしたインストーラーとアーカイブを、コピー先のWordPressのディレクトリの「wp-admin」と同じ階層へアップロードします。

4.データをコピー先のWordPressにインストール

(1)アップロードした「installer.php」にブラウザからアクセスしインストーラーを起動します。

http://新規ドメインURL/installer.php

(2)「Step 1:Duplicator – Installer」画面が開くので移行先のデータベースの情報を入力します。

「Action」…「Connect and Remove All Data」を選択
「Host」…MySQL のホスト名
「Name」… WordPress のためのデータベース名
「User」…MySQL データベースのユーザー名
「Password」…MySQL データベースのパスワード

※データベース情報はコピー先のWordPressの「wp-config.php」ファイルに記載されています。

入力ができたら「Test Connection」をクリックしてデータベースとの接続をテストしましょう。接続に問題なければ「Success」と表示されます。

(3)コピー先のWordPressの「wp-config.php」ファイルを削除

※移行先のWordPressに「wp-config.php」ファイルがあるとインストールエラーが表示されるため事前に削除しておきます。

(4)「I have read all warnings & notices」にチェックを入れ、「Run Deployment」をクリック。すると確認画面が表示されるので「OK」をクリックします。

(5)「Step2:Files & Database」画面が開きコピー前・コピー後の設定情報が表示されます。

「Old settings」…コピー前の設定情報
「New settings」…コピー後の設定情報

「Run Update」をクリックするとインストールが始まります!

(6)「Step 3:Test Site」画面が表示されればコピー完了です。

「Save Permalinks」…パーマリンクの設定を行います。コピー前にパーマリンクを変更している場合は、設定を確認し保存しておきましょう。
「Test Site」…コピーしたサイトにアクセスし表示や挙動を確認します。
「File Cleanup」…コピー先からインストーラーなどのファイルを削除します。
「Install Report」…インストール結果が表示されます。

(7)最後に3.でアップロードしたZIPアーカイブを削除します。

これでWordPressにサイトのコピーは完了です。記事はもちろんテーマやプラグインの設定までコピー前のサイトと同じ状態でインストールされています。既存サイトのコピー以外に、新たなサイトを作成する際のプラグインの設定にも便利です。


「Duplicator」によるWordPressサイトのコピーは以上です。定期的にローカル環境にサイトをコピーしておけばいざというときにも安心です。

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする

関連記事