Windows10 コマンドプロンプトの使い方(2)ディレクトリ変更コマンド『cd』編

Windows10 コマンドプロンプトの使い方(2)ディレクトリ変更コマンド『cd』編

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分59秒です。

com_002

今回は「コマンドプロンプト」のコマンドの基本ともいえる『cd』の入力方法を、私がつまずいた点などを交えご紹介します。

スポンサーリンク

ディレクトリを変更するコマンド『cd』

〈ローカル環境を構築〉する際に、コマンドプロンプトで最も使ったコマンドが『cd』です。『cd』は「change directory」の意味で、文字通りディレクトリを変更するコマンドです。

[コマンド使用例]

〈ルートディレクトリに切り替える〉
C:\Documents and Settings\test>cd \
C:\>

〈ディレクトリを指定して切り替える〉
C:\Documents and Settings\test>cd 〇〇〇〇
C:\Documents and Settings\test\〇〇〇〇>

※「〇〇〇〇」には指定するディレクトリ名を入れます。

〈1つ上のディレクトリに切り替える〉
C:\Documents and Settings\test>cd ..
C:\Documents and Settings\ >

〈ドライブを切り替える〉

C:ドライブとは別のドライブにインストールしたアプリをコマンドプロンプトから実行する際には、ドライブを切り替える必要があります。(はじめドライブの切り替えが分からず、諦めてC:ドライブにインストールし直したりなどもしました。)

C:\Documents and Settings\test>cd /d D:\test
D:\test>

『cd』の後に「/d」を付けて切り替え先の「ドライブ名:\ディレクトリ名」を指定することで切り替えることができます。


ディレクトリ変更コマンド『cd』の入力方法は以上です。とりあえず『cd』のコマンドが使用できれば〈ローカル環境を構築〉する際にコマンドプロンプトで困ることはないと思います。

次回の主なコマンドについても簡単にご紹介いたします。

(1)へ戻る (3)へ進む

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする

関連記事