〈Windows環境〉MySQLが再インストールできない時は「サービス」を確認してみよう!〈Could not start the service MySQL〉

〈Windows環境〉MySQLが再インストールできない時は「サービス」を確認してみよう!〈Could not start the service MySQL〉

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分14秒です。

MySQLを一度アンインストールして再インストールしたり、XAMMP(ザンプ)を使ってMySQLをインストールしようとすると

Could not start the service MySQL

というエラーメッセージが表示されてしまいMySQLがインストールできない事態が発生することがあります。

原因は、以前に行ったMySQLのアンインストールが不完全で、いくつかゴミが残ってしまうためのようです。

MySQLのやっかいなところは、Windowsの「プログラムのアンインストールまたは変更」でアンインストールするだけでは完全に削除できないことです。そのため

「以前にMySQLをアンインストールしてしまっているし、今更、どうすればいいの?」

という事態に陥ってしまうことも_| ̄|○

そんな時は、Windowsの「サービス」に以前のMySQLが残っているかどうか確認してみましょう。

今回は、Windows環境でMySQLが再インストールできない時の対処方法の1つ「以前のMySQLサービスを確認・削除する方法」をご紹介します。

スポンサーリンク

〈対処方法〉以前のMySQLサービスを確認・削除する方法

(1)以前のMySQLサービスの確認

まずは、Windowsサービスに以前インストールした際のMySQLが残っていないか確認しましょう。

まず、コントロールパネルからサービスを表示します。

「コントロールパネル」 > 「管理ツール」 > 「サービス」を起動。

サービスの中から「MySQL」「MySQL51」「MySQL57」など、以前インストールした際のMySQLサービスが登録されていないか確認します。

もし、残っている場合は登録されているMySQLのサービス名を確認してください。

(2)以前のMySQLサービスの削除

以前のMySQLサービスの削除はコマンドプロンプトで行います。

まずは、コマンドプロンプトを管理者権限で起動します。

「スタートメニュー」>「すべてのアプリ」>「Windowsシステムツール」>「コマンドプロンプト」を右クリックし「管理者として実行」をクリック

次のコマンドを入力し実行します。

sc delete 〇〇〇〇

〇〇〇〇の部分は先程確認した残ってしまっている以前のMySQLのサービス名です。

サービス名が「MySQL57」の場合は

sc delete MySQL57

となります。

[SC] DeleteService SUCCESS

と表示されれば削除成功です。念のためサービスの中から以前のMySQLサービスが削除されているか確認しましょう。

あとは、念のため

〈Windows環境〉MySQLをアンインストールする方法〈再インストールできない!?〉

を参考に

  • MySQLインストールフォルダの削除
  • 環境変数の削除

を行うと良いかもしれません。


Windows環境でMySQLが再インストールできない時の対処方法の1つ「以前のMySQLサービスを確認・削除する方法」の紹介は以上です。

もし、これでも上手くインストールできない場合は、いっそWindowsシステムを復元してMySQLをインストールする以前の環境に戻してしまうのが簡単かもしれません。(実は私も1度、実施しました_| ̄|○)

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする

関連記事